モクテルとカクテルの違いは?ロンドン発祥の「モクテル」の世界

モクテルとカクテルの違いは?ロンドン発祥の「モクテル」の世界

 

最近じわじわと広まりつつあるモクテル(Mocktails)」ですが、カクテルと何が違うのでしょうか?今回はカクテルとモクテルの違いについて話していきます。

 

モクテル(Mocktails)」とは?

 

「似せた、真似た」という意味の英単語「モック(mock)」と「カクテル(cocktail)」を組み合わせた造語でバーの最先端イギリス・ロンドンが発祥と言われております。

イギリスではモクテルが流行となっておりモクテルのみを扱う専門店も増えてきております。 

 

モクテル(Mocktails)とカクテル(cocktail)」の違いは?

 

 

お酒を使わないで作る、カクテルに見えるけれどカクテルとは別の飲み物それがモクテル。アルコールが入っているかどうかの違いで、アルコールが入っていればカクテル、入っていなければモクテルです。

 

モクテルとジュースの違う点はカクテルっぽさの違いです。

 

カクテルを飲んでいるような雰囲気を味わえ、味わっている姿はカクテルを飲んでいるかのように見えるのがモクテルです。

 

ジュースは単品で構成されるものが多いのに対して数種類のジュースやフルーツ、シロップや割り材などを組み合わせて作った、複雑な味わいを楽しめる点も大きな違いの一つでしょうか?

 

 

オロナミンCの公式ページではオロナミンCを使ったモクテルのレシピを公開していたり、ファミリーレストランのサイゼリヤではドリンクバーコーナーにモクテルレシピがあったり、コカコーラではコカコーラ製品を使ったモクテルの作り方を動画を使って紹介していたりとモクテルが話題になってきております

 

記事一覧